お仕事スコアブック 11

担当している
2つの窓口の
片方には、
基本的に「何かに困ってる人」
がやってくる。

部下の人が
「お困りごと」を上手に
聞き出すのを隣で聴いて、

専門的に見地からさばいて
いったプロセスを
レポートで確認する。

その「困った人が」「ものすごく
困った時(あるいは、こちらを
困らせた時)」、その話は、
私の前に流れてくる。

「貧困」「孤独」「無知」
困りごとの根源は、どうしたら
少しでもこの世から
なくなるんだろう。

私は「何か欠けた人」が
欠けたところを少しでも
満たす瞬間が
基本的に好きなので、
「天職かもしれない」
と思いながら、
焦げ付いた「困りごと」に
向き合う。


いじょう



# by tanakahii | 2017-10-19 23:08